WiMAXの教本

WiMAXを電話化するまえに知っておきたい注意点

iPod Touchを電話化するまえに知っておきたい注意点

iPod TouchをiPhoneの代わりに利用するときに一番気になるのが「電話として利用できるのかどうか」ではないでしょうか。形もほぼ同じように見えるし、そのままでも電話として利用できるのではないかと思うかもしれませんが、実はちょっとした注意点があります。

マイクとスピーカーの問題

通話するときには、片手で持って携帯を耳にあてます。通常の携帯であればこれで問題ありません。しかし、iPod Touchは通話を想定して作られていません。そのために、ふつうの携帯であれば、耳が当たる位置にスピーカーがあるのですが、iPod Touchはありません。

さらにマイクもついていません。そのために、電話として利用するならマイク付きのイヤホンやヘッドセットがないと扱いに困ることになります。

バイブがない

iPod Touchにはバイブ機能がありません。ですから、着信音が鳴らないようにしてあるとまず気づきません。

着信確認のために画面で確認しないといけないのは不便でしょう。

普段から電話がかかってくることがない。電話を利用するならこちらから常にかけるなら、さほど気になる問題ではないかもしれませんが、着信も想定しているならiPod Touchは不便に感じるかもしれません。